ハートウォーカー:お知らせ

HOME > お知らせ > ニュース

更新日 2018-01-14 | 作成日 2008-06-15

お知らせ

ハートウォーカーの装着につきまして重要なお知らせがございます

永年ハートウォーカーの調整業務に当たっておりましたスタッフが平成29年8月末をもって退職し、海外に転職いたしました。そのため、誠に勝手ではございますが、ハートウォーカーに関するサービスは、これまでご利用頂いています皆様の定期調整(アフターケア)を優先させて頂く事とし、平成29年10月1日より、ハートウォーカー装着は弊社研究所(〒838-0142 福岡県小郡市大板井屋敷3-6)にてのみ実施させて頂く事と致しました。

新規にスタッフを養成しましても、ハートウォーカー調整にあたる為のノウハウと経験を積むには少なくとも2年以上かかりますので、新規装着とその後の定期調整のために各地にお伺いする為の時間的余裕が取れないことなどから誠に残念ですが苦渋の決断をした次第です。ご遠方の皆様方のご期待に添えないことは大変申し訳ありませんが、もし、装着とその後の調整に弊社までお越し頂けるようでしたら、ハートウォーカーをご利用して頂く事は可能です。また、これまでご利用頂いているお客様には、多少調整の間隔が延びることがあるかとは思いますが、引き続き定期調整を継続して参りますので、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

ゲイトコレクターにつきましては、これまで通り地域の業者様からのご依頼があれば、販売をさせて頂きますが、弊社としては近隣地域以外に出張しての装着業務は行いません。こちらもご了承のほどお願い申し上げます。

「新しい補装具の普及・公的給付を阻む壁」について、東京保険医新聞に寄稿しました

東京保険医新聞2012年8月25日号のLinkIcon視点の欄に弊社社長入江が標記一文を寄稿いたしました。

YouTubeに動画をアップしました

内臓の手術の後で突然下半身麻痺となった山下様が独歩を再び目ざして頑張った記録です。以前の動画のバージョンアップです。

日本語版はこちら LinkIconこちら
英語版はこちら LinkIconこちら

東京保険医協会にて講演:「ここまできた!福祉・介護ロボット」

2011年11月27日、東京保険医協会にて東京理科大学工学部機械工学科小林 宏教授と弊社入江が公開講座「ここまできた!福祉・介護ロボット」と題して講演を行いました。小林教授開発でまもなく市販予定のマッスルスーツ、弊社ハートステップ、ハートウォーカーのデモンストレーションも行いました。その概要は東京保険医新聞に掲載されています。ご依頼があれば各地に出向いてデモンストレーション等も行いたいと思いますので、ご連絡をお待ちしております。

ハートステップ、ハートウォーカーユーザーの山下様のマラソン挑戦を扱ったニュース特集が、2011年アジア太平洋放送連合(ABU)賞のテレビニュース部門の最優秀賞を受賞

関西テレビの夕方ニュース「FNNスーパーニュースアンカー」の特集「左下半身まひの主婦 マラソン挑戦支えた家族」として紹介されたハートステップ、ハートウォーカーユーザーの山下様の映像が、2011年アジア太平洋放送連合(ABU)賞のテレビニュース部門の最優秀賞を受賞しました。
詳細はhttp://www.ktv.jp/info/press/111108.htmlをご覧下さい。
(2011.11.07)

HWJmark2.png

UA-5454268-1